定期的な草むしりで庭を綺麗にしよう|業者依頼で綺麗な庭を維持

庭

専門家に依頼しましょう

石

庭木の伐採を業者に依頼する場合には、費用の算出方法を事前に良く確認しましょう。また、それぞれの業者によって特有のサービスがありますから、上手く活用すると良いでしょう。サービスによって、業者を選択するのも一つの方法です。

詳しく読む

春と秋の植木市がおすすめ

園芸用品

限られたスペースの庭にお気に入りの植木を植えるためには、植木屋で購入するのがおすすめです。大阪の植木屋は、植木の販売だけでなく剪定作業や庭の手入れもしてくれるところが多くあります。

詳しく読む

消毒も無料

木

大阪の植木屋さんには植木や庭木の剪定のときに、無料で消毒してくれるところがあります。雑草対策、草刈、伐採などのノウハウを持っていて害虫駆除にも通じています。和庭作りや植樹工事など数多くの経験を積んでいるので信頼できます。見積は無料なので気軽に相談できます。

詳しく読む

庭のお手入れをする前に

草刈り

根を残すか残さないか

ガーデニングや庭のお手入れなどで、どうしても伐採が必要になることもあります。イメージを変えたい、または大きく伸びすぎて隣近所に迷惑、というように理由は様々です。近年では地震や台風といった災害がたびたび起こり、危機に対する意識の向上からも伐採が行われています。特徴は主に2つのスタイルがある点で、幹の部分から切り倒して切り株を残す方法と、抜根を含む完全な方法です。近くに建物がなく、どの方向に倒れても良い場合は、チェーンソーの購入またはレンタルで作業できます。しかし、抜根を含めると、難度が非常に高くなるのも伐採の特徴です。この場合は、ガーデニングや伐採を取扱う、植木屋などに依頼されるケースが多くなります。また、ガーデニングでは木の伐採の他にも草むしりの手入れを行なわなければなりません。草むしりを放置してしまうと、草が伸び放題になってしまい、ガーデニングにも様々な支障が出てしまうのです。そのため、定期的に草むしりを行なうようにしましょう。

木を残すための工夫も

伐採は木を抜く・倒すというイメージもありますが、なるべく生きた状態で残したいと考える人も多いはずです。根を残すのは難度が高いという理由が多く、ごく一部を除き、ほとんどは生命活動を終えてしまいます。そのような場合に工夫したいのが半伐採で、伸びすぎた状態から高さを調整したり、横に伸びた枝を切り取って、生きた状態で残せるテクニックでもあるのです。多くの場合は高所の作業になるので、安全性を重視して、植木屋への依頼を検討するのも良いでしょう。伐採の依頼については、多くは対象の木の高さで料金が変動するシステムです。また、人件費・重機のリース代・ごみ処理代も別途で発生します。このことから、伸びすぎる前に早めに検討をすることは、ごみを減らす工夫にもつながり、コストを減らすためのテクニックになるのです。